電話お問い合わせ

TOPページへ戻る

お電話でのお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

タクシー転職アドバイス

TOP > タクシー転職アドバイス > 中高年の転職

中高年の転職

中高年の転職

勤めていた会社を辞めて、タクシードライバーへと転身を果たした方は少なくありません。

それも、中高年という年齢層の方がタクシードライバーという仕事に憧れを持ち、転職する方も多いようですね。また、会社をリストラされたり、解雇されてタクシー会社の門を叩く、という方も少なくありません。

中高年という年齢になってしまうと、再就職しようにもなかなか雇ってくれるところはありませんが、タクシー会社の多くは中高年でも問題なく雇用するケースが多く、そのためタクシードライバーへの道を選ぶという方が多いのです。

転職からの離職率が低いのはなぜか

サラリーマンを辞めてタクシードライバーへと転身した方は離職することも少ないのです。理由は様々なことが考えられますが、まずタクシードライバーという仕事はお客さんを乗せている時こそ違いますが、基本的には一人で行う仕事です。

そのため、運行中以外は誰かに気を遣うということもなく、気軽に業務に携われます。また、日常的に色々な人に出会えるという楽しみや、ある程度マイペースで働くことも可能です。こうした魅力があるので、ドライバーへと転職してきた方は離職率が低いのでしょう。

頑張った分評価されるお仕事

タクシードライバーは基本的に完全歩合制の給与形態を採用 しているので、売上を伸ばした分収入が増えることになりま す。歩合率は会社によって異なりますが、50%の歩合率なら 三万円の売上を一日で上げたとすると、その日の稼ぎが一万 五千円にもなります。これはサラリーマンから転職してきた 方にとっては非常に魅力的に映る部分ではないでしょうか。 頑張った分だけ報酬という形で正当な評価を受けることがで きるので、これも離職率が低い理由の一つだと思います。収 入が高ければ自信も付きますし、まだまだやれるという前向 きな気持ちにもなれますよね。

ページトップへ