電話お問い合わせ

TOPページへ戻る

お電話でのお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

タクシー転職アドバイス

TOP > タクシー転職アドバイス > 若手の転職

若手の転職

個人タクシー企業で働く

タクシーの中には、会社から独立し個人タクシーとして活躍しているドライバーも大勢います。運転の安全性や経験などが規定を満たせば個人タクシーとして働くことが可能となります。

タクシー会社で働くとなると、どうしてもドライバーという職業が思い浮かびますが、無線による配車や業務を終えた車の洗車などの仕事もあります。特に個人タクシー企業の場合、一人ではなかなか仕事を回すことができないため、サポート役として人材を雇用することもあります。新人として個人タクシー企業で働き、裏方的なサポート仕事に携わってみるというのも良いかもしれませんね。

個人タクシー企業に転職

今まで勤めていた会社を辞め、個人タクシー企業の新人として働くという道を選択する方も中にはいます。個人タクシーの場合、ドライバーは一人で外に出て客待ちをすることが多いので、掛かってきた電話の受付などをする人がいません。そのため、個人タクシー企業が新人として転職者を迎え入れることは珍しくないようです。あくまでドライバーをサポートすることが仕事なので、華々しく活躍できる仕事ではないかもしれませんが、受付時の対応でお客さんが付く場合もあ
るので重要な業務です。転職先として個人タクシー企業を視野に入れてみるのも良いのではないでしょうか。

定年後でも働くことができる

タクシードライバーは基本的に定年という概念も制度もありません。そのため、個人タクシーとして働いている方の中にはかなり高齢の方もいます。

そのため、雇用する人材も定年退職した方や、中途退社し転職先を探している中高年の方でも比較的採用して貰うことができます。実際に車を運転するわけではありませんし、ドライバー以上に年齢は関係ないお仕事です。

電話の対応や洗車、雑用など様々な裏方仕事をする必要がありますが、転職先、再就職先として個人タクシー企業を選ぶというのも一つの手ではないでしょうか

ページトップへ