電話お問い合わせ

TOPページへ戻る

お電話でのお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

タクシー転職アドバイス

TOP > タクシー転職アドバイス > 女性の転職

女性の転職

女性タクシードライバーへの道

タクシードライバーと聞くと、ベテランの男性ドライバーを ついイメージしてしまいますが、近年では女性ドライバーの 数も増加傾向にあります。今までも女性ドライバーはいまし たが、どうしてもタクシー業界は男性主体というイメージが 強かったため、少なかったのが現状です。

しかし、現在では 自分の実力や対応次第で高収入を得られるということもあ り、OLから転職してドライバーへの道を目指したり、子育て を終えた主婦がタクシードライバーとして活躍したりしてい ます。女性ならではの柔軟で温和な対応や、丁寧で安全な運 転を好む方も多く、これから先も女性ドライバーが活躍する 場は増えるのではないでしょうか。

女性ドライバーとしての悩みどころ

タクシードライバーは日勤、夜勤という働き方がありますが、特に夜から明け方まで業務に携わる場合には時に酔い客を乗車させることもあります。そのため、女性というだけで理不尽に絡まれてしまったり、卑猥な言葉を投げかけられることもあります。上手に流せる方なら良いのですが、中にはその言葉を深刻に受け止め過ぎてしまい、心を病んでしまう方も実際にいます。ある程度の経験を積むとこうした横暴なお客さんにも耐性ができてしまうものですが、新人のうちだと特に萎縮してしまい、一つ一つの言葉を重く受け止めてしまいがちになります。

また、相手が女性ドライバーということで、執拗に絡んできたり、時には人気のない場所を目的地に設定するお客さんも稀にいます。男性よりも非力な女性なので、こうしたことが続けば恐怖も感じてしまうでしょう。どうしても怖い、やっていけないと感じたら、夜勤業務は控えさせて貰い、日勤業務のみに従事させて貰うようにしましょう。現在では女性ドライバーのサポート体制をしっかりととっている会社も多く存在するので、そうした企業を選ぶことで快適かつ安全に働くことも可能となるでしょう。

































ページトップへ