電話お問い合わせ

TOPページへ戻る

お電話でのお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

 

TOP > タクシードライバーとは>  稼ぐタクシードライバーはイベント等の情報通が多い

稼ぐタクシードライバーはイベント等の情報通が多い

 タクシーと言う乗り物は移動する場合にとても便利に利用できるため、特に都心部での移動には欠かせない乗り物となっていました。しかし不況のあおりや運賃の値上げなどにより、タクシーを利用する人は昔に比べて減少していると言われています。タクシーと言えばタクシー乗り場でお客を待つと言うのが一般的ですが、昔とは違う状況のためただ待っているだけでは全く乗り手が現れず、稼ぐことも出来ないタクシーも増えています。そんな中、常に稼ぎを上げているタクシーも存在しており、そういった稼ぐタクシードライバーはただ待つだけではなく、自分の受け持つエリア内のイベント情報などをこと細かくチェックしてそれに合わせて移動を行いタクシーに乗るお客を獲得しています。このイベント情報と言うのはタクシーの営業にとっては最も重要な情報で、イベントがあれば必ず大量の人が動きますから、そのイベント情報を把握していれば苦も無くお客を獲得できるわけです。イベントでタクシーに乗る人の場合、駅からイベント会場までとか、イベント会場から空港までといった規則性のある移動を行いますので、イベント会場付近に居れば両方のお客を獲得することが可能になります。稼ぐタクシードライバーはこういったイベント情報などの人の流れの情報に敏感で、きちんと下調べを行っているドライバーが多いと言えるでしょう。


稼げるタクシードライバーに共通しているのは、いかに効率よくお客を捕まえることができるかに長けている点ではないでしょうか。お客をタクシーに乗せるためには人の集まる場所を狙うのが最も効果的で効率的なわけですが、ただ道を走っているだけでは都合よく人の集まる場所へ行くことは出来ないでしょう。しかし稼ぐタクシードライバーは都内で行われているイベントの情報などに非常に詳しく、そのイベント会場を狙ってタクシーを走らせるため効率よくお客を乗せることが可能になっています。昔であればイベント情報を調べるのは非常に困難でしたが、現在ではインターネットを使えば苦も無く情報を得ることが出来ますし、スマートフォンを持っていればタクシーの中でも情報を得ることが可能になります。イベントと言うのは同じ日に数か所で行われている場合も多く、その複数の情報を得ていれば、午前中はこのイベント、午後はあちらのイベントと言うようにイベント時間に合わせた営業も可能になります。イベント会場でタクシーの乗る人は、長距離ではなく短距離の利用が多いので一度に稼げる金額は少ないですが乗る人数を増やすことが出来るため長距離で一人を乗せるよりも効率よく数を稼ぐことが可能になります。稼ぐためにはいかに情報を知っておくことが重要になるかということです。


タクシーはお客を乗せた数と距離でお金を稼ぐわけですが、不況というご時世も関係しタクシーに長距離乗ってくれるお客は非常に少なくなっています。昔であればある程度の金額であれば経費で落とせたかも知れませんが、現在では会社員もタクシーの運賃を経費で落とすのが難しくなってきているため、乗ったとしても短距離となるためなかなかたくさん稼ぐのは難しいと言えます。しかし不況の中でも稼ぐことが出来るタクシードライバーは、イベントなどの開催情報をネットなどで逐一調べ、その情報に従ってタクシーを移動させお客を獲得しています。例えばコンサートなどのイベントの場合、駅や空港からイベント会場までの移動をタクシーで行う人も多く、イベント会場と空港などの往復で大量のお客を獲得することが可能になります。イベントの場合開始前と終了後の2回、必ずイベントに参加した人が動きますから、イベントが何時から始まるのか、何時ごろに終わるのかを正確に把握しておくことで、1日のうちに2回書き入れ時をむかえることが可能になるわけです。イベント中は移動する人がいなくなるわけですから、その間に他の人通りが多い場所を回ったり、ビジネスマンが多い場所でタクシーを走らせることでさらにイベント以外のお客も獲得が可能になります。
このように稼ぎの多いタクシードライバーは人知れず努力をしてイベント情報などのチェックを毎日のように行っています。この緻密な努力と情報力こそが稼ぎに繋がるわけです。

一覧に戻る

ページトップへ