電話お問い合わせ

TOPページへ戻る

お電話でのお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

 

TOP > タクシードライバーとは>  稼げるタクシードライバーの左側車線走行について

稼げるタクシードライバーの左側車線走行について


タクシーを運転している時に、手を挙げているお客様にいち早く気がつくことは大切です。お客様も、ご自身がいる場所に一番近い車線を走っている車を最も意識して見ているはずです。また、タクシーが車線の左側を走っていなければ、お客様に気がついた時にいち早く行動し、お客様を乗せることは出来ません。例えば、右車線を走っていた時にお客様を見つけて、急に左車線に進路を変えたりすればお客様を乗せるどころか事故に遭う確率も高くなり、たいへん危険です。したがって、お客様が手を挙げているのを見つけた時点で、左車線を走っていることが大切なのです。
しかし、ただ左車線を走っていればいいというものでもありません。稼げるタクシードライバーは、地理にも詳しい人が多いといわれます。どこを走ればよいかという点についてはポイントがあり、一般に、都市部のほうがタクシーの需要は多いといわれています。            
地理に詳しくないと積極的に都市部に入れず、狭いエリアの中でお客様を探すことになってしまいます。稼げるタクシードライバーは都心部から優先的に地理を覚えている場合が多いといわれます。
タクシーを運転している時に、手を挙げているお客様にいち早く気がつくことは大切です。お客様も、左車線を走っているタクシーに注目していますので稼げるタクシードライバーは左側車線を走るといえます。


稼げるタクシーのドライバーは左側車線を走るといわれます。お客様も左車線を走っているタクシーに注目しています。これはお客様自身がいる場所から見えやすいためです。また、すぐに乗車することが出来るからでもあります。同時に、タクシーの運転手にとってもお客様を見つけるとすぐに近くに車を停めることができるというメリットがあります。もし、車線の左側を走っていなければ、お客様に気がついた時にいち早く停車できません。走行中、急に左車線に進路を変えたりすれば事故をおこしてしまうことにもなりかねず、たいへん危険です。したがって、お客様が手を挙げているのを見つけた時点で左車線を走っていることが大切といえます。
また、基本的なことですが、交通ルールと交通マナーなど、タクシードライバーとして当たり前の決まりごとを守ることも大切です。そうでなければ、他のタクシーの同業者や通行人などに通報され、稼ぐどころではなくなってしまいます。タクシーの車両は運転手が思っている以上に目立つのですし、その点も重要です。
このように、稼げるタクシードライバーはお客様を確実に乗せることが出来るように交通マナーを守りながら左側車線を走るといわれます。



稼げるタクシードライバーはお客様を確実に乗せることが出来るように歩道に近い左側車線を走っているといわれます。タクシーを運転している時に、手を挙げているお客様にいち早く気がつくことは大切です。お客様も、自身がいる場所に一番近い車線を走っている車を最も意識して見ているはずです。
これは、タクシーの運転手に早く気づいてもらえて、すぐに乗車することが出来る可能性が高いと考えられるからでもあります。また、タクシーの運転手にとっても左車線走行はお客様を見つけるとすぐ近くに車を停めることができ、確実にお客様を獲得できるといったメリットがあります。つまり、車は左側通行ですから歩道寄りの左車線を走るほうがお客様を拾いやすいといえます。
もし、右左側の車線を走っていれば、お客様に気がついた時にすぐに停車はできません。走行中、急な進路変更は事故の原因になります。お客様が手を挙げているのを見つけた時点で、タクシーは左車線を走っていることが大切なのです。
また、都市部のほうがタクシーの需要は多いといわれており、稼げるタクシーのドライバーは、都市部の地理にも詳しい人が多いといわれます。稼げるタクシードライバーはお客様を確実に乗せることが出来るように都市部の左側車線を走っているといわれます。

一覧に戻る

ページトップへ