電話お問い合わせ

TOPページへ戻る

お電話でのお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

 

TOP > タクシードライバーとは> 稼げるタクシードライバーは地理に詳しい

稼げるタクシードライバーは地理に詳しい

タクシードライバーは稼げるのか

街中でよく見かけるタクシーですが、街の中には本当にたくさんのタクシーが走っています。走っている姿をみて本当にタクシー運転手って儲かるのだろ うか、稼ぐことが出来るのだろうかと興味を持った人もたくさんいるのではないでしょうか。 
タクシー運転手も様々で、その知識、能力によって収入は様々なようで、稼ぐ人は本当に結構な収入を得ています。
タクシー運転手になり、稼ごうと思えばとにかく走るのがまず重要です。当たり前のことですが、意外に思ったのは、駅のロータリーでよく客待ちをして いるタクシーを見かけますが、客街は他のタクシーの行列の中で待っている時間が長くなってしまって、待ち時間のロスも多いようです。ですから、俗に流 しといわれる街中を走って、歩いているお客さんを拾うほうがいいようです。稼げるドライバーは客待ちをせずに、流しをするということです。駅のロータ リーで待っているお客さんは比較的近距離の人が多く、利益も少なく、流しのお客さんは比較的長距離を乗ってくれるようで、1回乗車してもらうと利益が 高い傾向にあります。
そして、稼げるドライバーには更に必要なことがあります。

稼ぐには地理に精通する


タクシードライバーにとって、地理に詳しくなることは鉄則で最重要事項です。
はじめにとにかく走ることが大事だとは言いましたが、ただひたすら、やみ雲に走っていてもお客さんと出会えることは滅多にありません。
走りこむにもポイントがあって、街中を好き勝手に走ればいいというものではありません。
稼ぐことができるタクシードライバーは、全体的に都心部を中心に走行しているケースが多く見られます。人が集まっている都心部のほうがタクシーの需要が高いと言われています。繁華街等でよくタクシーに乗る人を見かけることがありますが、なるほどという感じです。
稼げるタクシードライバーはポイントを理解して、人が集まるところを走行し、極力無駄な走りをしないように心がけています。
地理に精通していなければ、自ら積極的に都心部に入っていくことができずに、おのずとその行動範囲が狭まってしまい、お客さんを逃がしてしまってい ることになります。稼ぐことができるタクシードライバーは、利益があがる都心部から優先的に地理を覚え、細い道でも入っていけるようしています。


稼げるドライバーは勉強もしている

とにかく稼げるドライバーは、他のドライバーと同じ事をしないように勉強もしています。地理に精通することも、他のドライバーと違うルートを走行す ることにより、お客さんを拾うことに関して競合しないように心がけていることの表れですが、その他にも、当日の天候、渋滞情報、イベントの開催状況、 道路工事の情報等様々な情報を入手して、他のドライバーより情報戦で有利に立とうと努力しています。
たとえば、雨が降るのであれば当然、駅から帰る人が傘がないためにタクシーに乗るというお客さんの数も増えるでしょうし、大きなイベントなどがあれ ば、電車で帰ろうとする人も駅が込んでしまい電車で帰るよりタクシーで帰ろうとする人も出てくると予想されます。このように情報を事前に入手して先手 先手で行動することにより、他のドライバーよりお客さんを早く乗車させて、タクシーの稼働率を高めることによって稼ぎを上げていっているということが あります。
現代社会は情報が命といわれますが、タクシー業界も例外ではなく、地図情報、天候、イベント情報等様々な情報を早期に入手して、事前に対応していく ことにより厳しいタクシー業界を生き抜いていくことが可能です。
一覧に戻る

ページトップへ