電話お問い合わせ

TOPページへ戻る

お電話でのお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

 

TOP > タクシードライバーとは>  神奈川県のタクシー事情について

神奈川県のタクシー事情について

神奈川県のタクシー料金については、市によって少し異なっているところがあります。傾向としては、横浜市などの中心部の方が安く、郊外の方が高くなります。乗車率などから考えても、これは仕方のない事かと思われます。例えば、横浜市では普通車の場合、初乗りが2000メートルまで730円で、距離加算の運賃が293メートルごとに90円となっています。また、このほかに時間距離換算の運賃も導入されており、こちらは1分45秒毎に90円加算されます。迎車については、一律で一回一台あたり310円となっていて、これは川崎市や横須賀市でも同様です。
郊外の例としては、例えば小田原市の場合は、中型車の場合の初乗りが1800メートルごとに730円で、距離加算の運賃が260メートルごとに90円となっています。横浜市より少し割高なのがお分かりいただけるでしょう。特徴的なのは、小田原市の場合は小型車が設定されていて、こちらは初乗りが1800メートルで710円で、距離加算の運賃が268メートルごとに90円となっています。時間距離換算の運賃は、1分40秒毎に90円となっています。一人で乗車する場合などには、小型車を選択されると経済的です。

神奈川県のタクシー会社は、他の都市に比べても非常に多く、横浜市だけでも65社ほどか数えられます。これは、横浜が観光を主要な産業としている事も、一つの要因として挙げられるでしょう。横浜市にはランドマークタワーのある横浜港がありますし、その近くには中華街、外人墓地や洋館など有名観光スポットが多く点在しています。これらは、何れも歩いて回るには少し離れており、観光にタクシーを利用する人が多いものです。郊外にもアメリカ海軍の軍港がある横須賀や、古都鎌倉は有名ですし、少し離れて小田原や箱根の温泉街も全国的な観光スポットだと言えます。これらの場所をタクシーで観光する方も多くありますので、必然的にタクシー産業が盛んになったものと考えられます。従って、神奈川県のタクシー会社は、観光サービスの一環と自認しているところが多くあり、接客などのサービス品質が高い事でも有名です。神奈川県でタクシーに乗って、嫌な思いをする事は少ないでしょう。各社とも比較的多くの台数を運営しているため、予約なしでつかまえることも難しい事ではないでしょう。神奈川県各地の観光スポットを訪れる際には、タクシーの利用を検討される事がオススメです。

神奈川県のタクシー会社には、面白いサービスを展開しているところがあります。その中の一つである、アサヒタクシー株式会社の、陣痛送迎サービスをご紹介したいと思います。これは、文字通り陣痛が始まった時に病院まで送迎してくれるサービスで、山手営業所エリアと港北ニュータウンエリアでサービス展開されているものです。周産期に入った妊婦さんにとっては、陣痛はいつ始まるか分からないものです。しかも、人参は病気ではありませんから、どんなに突発的な陣痛でも、夜中の陣痛でも、救急車を呼んで搬送してもらうということは出来ません。従って、どんな時でも自力で病院まで行かなければならないのです。家族が家に居てくれる曜日や時間帯であれば、それほど問題ないのですが、平日の日中でご主人が会社に出ており不在の時などは大変です。そこで、陣痛送迎サービスでは、事前に登録した顧客に対して電話一本で病院まで送迎もらえるのです。事前に登録するのは、名前や住所、電話番号などの基本情報のほか、予定日やかかっている病院などだけで大丈夫です。これだけで、当日は電話一本で、病院の場所や詳しい体調など伝えなくても、かかりつけの病院まで送ってもらえるのです。
一覧に戻る

ページトップへ