電話お問い合わせ

TOPページへ戻る

お電話でのお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

 

TOP > タクシードライバーとは> タクシー運転手志望の面接マナーとは 

タクシー運転手志望の面接マナーとは

景気が回復傾向にある現在、サービス業の人材は不足しています。特に、タクシー業界での人材不足はよく知られており、求人雑誌や職安などでもタクシーの求人情報はよくみられます。この仕事は第2種運転免許を取得していれば誰でもできそうなイメージがあり、簡単に就職できるイメージがあります。しかし、実際には求人があっても面接で不採用となるケースも多く、誰でもができる仕事というわけでもありません。タクシーは車を運転するだけの仕事ではなく、お客さまとのスムーズなコミュニケーション、事務処理、車の管理などを求められる仕事です。お給料は歩合制の会社が多いので、仕事が少なかった時はお給料も少なくなりますが、がんばればそれだけ収入につながる仕事でもあります。この仕事は、お客さまが多い時間帯や場所を把握して、上手に営業していくというスキルも必要です。しかし、時間の融通が利き、お客を目的地に運ぶだけの楽な仕事と考えているような人が多いのも事実です。このような甘い考えの人の場合、面接時に見抜かれてしまい、不採用となる場合が多いのです。面接で採用されるためには、仕事に対してのやる気アピールだけではなく、タクシー運転手としてのマナーも大切です。

それでは、タクシーの面接で最も重要視されることは何なのでしょうか。タクシーは、お客様を目的地まで運ぶ仕事です。スムーズな運転技術、広範囲にわたって地理を理解しているかどうかなども資質としては大切ですが、それよりも重要なのは、常識やマナーがあるかどうかです。この仕事は、ズバリ言うと接客業です。お客さまの目的は車で目的地まで移動することで、運転手と会話をすることではありません。しかし、運転手の愛想が悪かったり、何も話したくない気分なのにずっと話しかけられたり、質問の仕方が悪かったりすると不快な気分になり、会社の損害にもつながります。さらに、車が汚れていたり、タバコのにおいが充満しているような状態も敬遠される理由となります。お客様の様子を見ながら適切な対応ができ、必要であればコミュニケーションがとれ、満足して帰っていただけるような対応ができる人材が求められているのです。それには、言葉使い、服装、態度、相手の反応を正しく見る力などが必要です。粗野で乱暴、横柄、常識がない、不潔な身だしなみ、コミュニケーションがうまくとれないような人は、採用面接では不採用となる場合が多いといえます。

それでは、タクシーの採用面接の時に気をつけることとは何でしょうか。まずは、服装などの身なりです。面接は第一印象が最も大切です。相手がどんな性格の人なのかわからない時、人は見た目で判断しがちです。面接の時はスーツ着用ですが、しわや汚れに特に気をつけましょう。高級なものである必要はありませんが、シワや汚れは不潔感や疲れた印象を与えがちです。シャツも同様で、清潔感のあるものを選びましょう。靴やバッグも汚れに気をつけましょう。くたびれて古いものは避け、なるべく新しいものを選ぶようにします。ヘアスタイル、ヒゲ、爪などもチェックしておくことが大切です。身だしなみに気をつけたら、採用面接の時の言葉使いに気をつけましょう。面接担当者は、採用試験に来た相手がきちんと正しい敬語が使えているかどうかを一番見ているといってもいいしょう。物腰が柔らかく、誠実な態度で面接担当者と接するようにしましょう。基本的なことですが、面接の時に時間をきっちり守れているかも大切です。面接の時間より遅れてしまうようであれば、常識のないルーズな人間と見なされてしまいます。マナーや常識があり、サービス業としてタクシーの仕事を責任をもってこなせる人間かどうかをアピールすることが大切です。

一覧に戻る

ページトップへ