電話お問い合わせ

TOPページへ戻る

お電話でのお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

 

TOP > タクシードライバーとは> タクシードライバー志望者の履歴書の書き方 

タクシードライバー志望者の履歴書の書き方

タクシードライバー志望者の履歴書は写真が命

タクシードライバーになりたいという人は、その会社によっては売り上げも変わってくるため、できるだけ良い会社に入社したいものです。自分の希望の会社に入社するためには、できるだけ履歴書対策を行っておきたいものですが、この際に以外と手を抜いてしまいがちなのが、履歴書に貼り付ける写真です。
タクシードライバーは接客業です。当然のようにコミュニケーション能力が求められますが、お客様を気持ちよく送り出すためには、その表情というのも大切なポイントになってきます。
写真を撮る際には、笑顔で撮るようにしましょう。服装もスーツなどのほうが、あなたがドライバーになった様子をイメージできるので、面接官には好印象になります。室内が明るい写真のほうが印象が良くなるので、写真を撮る際には、写真屋さんに依頼をしたほうが良いです。表情をアドバイスしてくれることもあります。
髪の毛は耳と眉にかからない程度に切っておきましょう。どちらにしても入社したら、そうしなければならないことが多いです。当然のようにピアスなどの装飾品は外しておいてください。そのような写真が履歴書に貼り付けてあった場合、問答無用で落とされてしまうこともあります。
写真は手を抜いてしまいがちになるものですが、意外と重要視されるポイントです。注意しておきましょう。

タクシードライバー志望者は履歴書で真面目さをアピールするべき

タクシードライバーとは特殊な職業です。特に仕事のほとんどを一人で過ごすというのは、他の職業ではあまりない環境です。
そのせいもあってか、タクシー会社は真面目一徹、という人を採用したがる傾向にあります。つまり、仕事中は監視の目がないため、そのような状況下でも仕事をさぼらないという人を求めているのです。
真面目さを履歴書でアピールするためには、過去の実績などを例に取り上げたほうが良いです。例えば、仕事が忙しい日などは、自分から率先して残業や休日出勤を行っていたということや、コツコツと物事を積み上げていく作業が好き、ということなどです。無遅刻無欠勤なども良いアピールだといえます。
さらに、仕事に対する責任感もアピールしておいたほうが良いです。仕事は絶対にやり遂げる、仕事が最優先、仕事が好き、という言葉はかなり好印象になりますので、意識していれておくようにしましょう。
趣味などからもその人の真面目さを窺い知ることができるものです。読書などの趣味は、特に好印象を与えます。
もちろん嘘を記入するのはよくありませんが、嘘ではない範囲であれば、自分の真面目な部分だけを切り取りアピールをするということが重要なことです。実践してみましょう。

タクシードライバー志望者が履歴書に記入するべきこと

タクシードライバーに求められるものは、運転の経験とコミュニケーション能力です。志望者はこの二つを履歴書でアピールするということが、採用されるコツとなります。
仕事で車を使用していたという人は、そのことを必ず記入するようにしましょう。例え、それほど長距離でなかったり、いつも決まった場所しか走っていなかったとして構いません。絶対にマイナスにはなりませんので、自己PRなどに記入しておきましょう。

一覧に戻る

ページトップへ