電話お問い合わせ

TOPページへ戻る

お電話でのお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

 

TOP > タクシードライバーとは>  タクシー運転手が効率よく設けるための営業方法!

タクシー運転手が効率よく設けるための営業方法!

タクシー運転手の目的意識

タクシー運転手の平均日収をご存知でしょうか?日収とは1日の売り上げのことを指していて、平均にすると4万円ほどと言われています。しかし、経験が長く、効率のいい仕事をこなしているタクシー運転手の中には、平均の2倍以上の8万円ほどを稼ぐ人も存在しています。なぜ、平均とやり手のタクシー運転手の中で差が生まれていくのか、そのポイントについて考えていきましょう。やり手のタクシー運転手はこういった言葉を発しています。1日の売り上げが4万円で満足するのか、自分の中のノルマを6万円にするかで、人生内における決算は点と地ほどの差が生まれていきます。だから精一杯知恵を絞って稼ぎなさい。というものです。平均的な稼ぎのタクシー運転手は、勤務が月にして12回ほど、ノルマの2万円の差は年間にして300万円ほどの差になってしまい、もし、30歳から40年以上勤務する人では1億円以上の差が生まれることになります。基本的に、売り上げの6割が運転手の取り分になりますので、7000万円ほどの差が生まれるのです。では、具体的なアドバイスとしてはどのようなものがあるのでしょうか。それはまず、目的の無い流した営業をしないことが第一であると言われているのです。

目的無しの営業に利益無し

もし、タクシー運転手が平均以上の稼ぎをしたい場合には、一般的な考え方では絶対に成功しません。目的の無い営業を行ってしまえば、利益を手に入れることは出来ません。具体的な例としては、都内で勤務しているタクシー運転手と仮定して、とあるターミナル駅をベースとして、お客さんをおろしたら、早速別の拠点駅を探し、移動します。もちろん、拠点から拠点への移動は、お客さんがタクシーを捜しやすいコースを選ぶことが賢明です。何が何でもお客さんを乗せることを第一に、移動しましょう。これらの事を無意識的に行うことが出来るようになれば、第一線級のタクシードライバーとして活躍することが可能でしょう。上記のことを基本として、地域密着型のタクシー運転手は成功することが出来ません。あくまで広域型営業を目指すことが第一であることも明白です。これは、遠距離のお客さんをおろしたら、すぐに自分の地元に戻ろうとする運転手はおおいです。しかし、この方法ははっきりに言って愚策であるといえます。なぜならは、遠距離移動中に空車のままで戻ると言うのは非常に効率の悪いことであり、営業エリア内でのデータ蓄積を行うことが出来ないためなのです。

頭と身体をフル回転

タクシー運転手が効率よくお金を稼ぐためには、自分なりの方法で、自分だけの稼ぎ場を発掘することが第一の方法になります。そのために情報収集は決して欠かさず、電車の終電時刻はもちろんのこと、都内における劇場の昼夜の終演時間、さらには野球やサッカーなどのイベント終了時間なども頭に入れておかなければなりません。何故ここまで苦労をしなければならないのかと言うと、他のタクシー運転手に稼ぐチャンスを奪われてしまうからです。基本的に、経歴に長いタクシー運転手が有利な世界であり、工夫を怠った運転手は効率よく稼ぐことの出来ない世界なのです。そんな中で活用することの出来るサービスが損じしています。それはFAXサービスです。これは主な施設の数ヶ月先までのイベント日程を知らせてくれるサービスで、このサービスを自分のところに取り寄せて頭に入れておくことも大切なテクニックになります。当然、情報が頭の中にあれば、無駄な動きを減らすことが出来ます。無駄がなくなるということは、効率性が増すと言うことになります。最終的には一般的なタクシー運転手よりも稼ぎが多くなることに繋がっていくのです。

一覧に戻る

ページトップへ