電話お問い合わせ

TOPページへ戻る

お電話でのお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

 

TOP > タクシードライバーとは>  タクシー運転手の帰庫から退社までの流れについて

タクシー運転手の帰庫から退社までの流れについて

タクシー運転手の帰庫から退社までの流れについて-1-

 タクシーの一日の乗車が終わった後、タクシー運転手は運転をしてきた車を車庫に戻します。帰庫から退社までの流れはそれぞれのタクシー会社によって若干異なっていますが、全体的には事務処理や洗車を行った後に退社という流れになっていたりします。
タクシー運転手は帰庫後、帰庫点呼を行います。そして、事務所でアルコールチェックを受けたり、乗務用のICカードを機械に通し、運転記録用書類を作成したり、運転記録書類に必要事項を書き込んだりします。また、乗務員証を返却したりします。クレジットカードやクーポンでの支払いがあった場合にはクレジットカード支払いのまとめをしたり、クーポン利用の事務処理を行ったりします。現金などは所定の納金機などに入れ、運転記録日誌に使用燃料などを記録し、計算が合っているかを確認します。
その後、タクシーの洗車を行います。洗車では、車のガラスや車体だけでなく床の掃除や、ハンドル、ミッションレバー、灰皿、シートなどの水拭きをします。また、帰庫の途中に、行きつけのガソリンスタンドで洗車を行う場合もあり、この場合には前売りのプリペードカードなどを自腹で購入して使用する人もいます。洗車についてはタクシー会社によってそれぞれ規定がありますが、その後、退社という流れになっています。

タクシー運転手の帰庫から退社までの流れについて-2-

 タクシーの運転手の帰庫から退社までの流れはタクシー会社によって様々で、運転手の勤務時間によっても若干違っていますが、おおよその流れは、帰庫後に帰庫点検、事務処理、洗車、退社となっているといえます。
一日の乗車を終え、帰庫した後、運転手は自身が運転してきた車を車庫に戻します。事務所に乗務員証を返却したり、常務用ICカードを所定の機械に通して運転記録用書類の作成を行ったりします。運転記録用書類には燃料や休憩場所についての記載も行い、同時に一日の売上についても確認を行います。現金は所定の場所に納め、クーポンチケットやクレジットカードでの支払いがあった場合には、支払いのまとめを行います。
洗車はお客様が気持ちよく利用していただけるように、帰庫の際、欠かさず運転手が行うことになっているタクシー会社が多いですが、帰庫の途中に行きつけのガソリンスタンドなどで運転手が自腹洗車を行う場合もあります。洗車の際には、心地よい空間であり続けられるように窓ガラスの拭き取りや車体の洗浄はもちろんのこと、座席シートや床、ハンドルやブレーキなどにいたるまで、水拭きを行い、仕上げの拭き取りも行います。
その後、帰宅するために退社をします。タクシーの運転手の帰庫から退社まではこのように流れています。

タクシー運転手の帰庫から退社までの流れについて-3-

タクシーの運転手の帰庫から退社までの流れはタクシー会社によって異なっています。また、勤務時間によっても若干違っていますが、大きく見ると帰庫後、帰庫点検、事務処理、洗車、退社というおおよその流れがあります。
一日の乗車を終えた帰庫後、運転手は自身が運転してきた車を車庫に戻します。そして、事務所に寄って、乗務員証を返却し、常務用ICカードを利用して運転記録用書類の作成を行います。その際、運転記録用書類には燃料や休憩場所についての記載も行い、一日の売上についての確認を行います。現金を納金し、クレジットカードなどの現金以外の支払いについては支払いまとめを行います。計算が合えば、洗車を行います。洗車はほとんどのタクシー会社で運転手自ら行うことになっています。お客様に気持ちよく利用していただけるよう車内清掃に努め、ガラスの拭き取りや車体の洗浄はもちろんのこと、座席シートや床、ハンドルやブレーキなどにいたるまで、水拭きを行い、仕上げの拭き取りなども行います。運転手によっては帰庫の途中に行きつけのガソリンスタンドなどで洗車を行う場合もあります。
洗車が終わると、退社し、帰路につきます。タクシーの運転手の帰庫から退社まではこのような流れとなっています。

一覧に戻る

ページトップへ