電話お問い合わせ

TOPページへ戻る

お電話でのお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

ドライバー職とは

TOP > ドライバー職とは> タクシードライバーの過ごし方(隔日勤務)

タクシードライバーの過ごし方(隔日勤務)

隔日勤務はタクシードライバー独自の働き方

タクシードライバーには隔日勤務という働き方があります。
タクシー会社ならではの働き方であり、21時間の拘束時間の うち休憩が3時間という勤務体系です。

このシフトが業界全体 で見ても一般的なスタイルとして認知されています。月間の 勤務回数は最大で12日の乗務しか認められておらず、こうい った制度に準拠しているのです。 隔日勤務では2日分の仕事をしなければなりません。その代わ り、次の日を公休日に設定することで労働時間を労働基準法 に収めるということができます。また、かつては曖昧な出勤 スケジュールとなっていましたが、現在では厳しく取り締ま りが行われています。

隔日勤務のメリット・デメリット

隔日勤務のメリットは出番が終わった次の日が休みになるという点であり、体力的な負担も少なくありません。
働き方の関係から日勤になることも多く、体力に自信がない老齢者や女性の方でも業務がしやすいという特徴もあります。月間労働時間は一般的な会社員と変わらないため、休日の取得が容易という利点も見受けられます。

一方、隔日勤務のデメリットは売上が出にくいことが挙げられます。
日勤になることが多いことから売上に差が出ます。タクシードライバーの稼ぎ時は夜が中心になるため、昼間の勤務ではあまり収入が得られません。1出番当たりの金額が倍近く変わることもあります。歩合の比率が高い会社であれば手取り額にも大きな影響があると言えるでしょう。

隔日勤務を選ぶにあたって

隔日勤務は体力的な負担が大きいのではないかと感じている方も少なくありまん。
弊社では、勤務時間帯の希望を提出し、勤務体系を調整します。そのため、ご自身の求める収入や体力等に応じて働き方を変えるのも良いでしょう。

不規則と思われがちな隔日勤務ですが、法律によって労働時間が厳しく定められているため、有効に時間を使うことができます。

ページトップへ