電話お問い合わせ

TOPページへ戻る

お電話でのお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせ

ドライバー職とは

TOP > ドライバー職とは> 地理試験とは)

地理試験とは

タクシー運転手には地理試験が必要な場合があります。 地理試験とは、東京の特定指定地域(23区と武蔵野市、三鷹市)と大阪府、神奈川県内でタクシー運転手を行う場合に必要になる試験です。
というのも東京、大阪、神奈川はタクシーの必要量も多く、道路も混み合うため運転が難しく、他の地域では必要のない地理試験が課せられています。
地理試験の内容は、道路に関する事、地名の読み方等、署名建造物についてや公園、名所、旧跡等の質問、鉄道駅の所在等の筆記試験です。

問題数は40問あり、32問以上正解で合格となります。 正解率が80パーセント以上と聞くとハードルが高いように思えますが、実際の難易度はそこまで高くはありません。この地理試験は、それぞれ地域にあるタクシーセンターで受ける事が可能です。

地理試験は基本的にマークシートで行う事ができます。
マークシート方式なら記述方式に比べて、さほど勉強が必要ではないと思われるかもしれません。 しかし、知識が無いと思わず落とし穴にはまってしまう問題も紛れていますので、 勉強をせずに受験して不合格になる方も多いです。 地理試験を受ける場合は、事前にしっかりと勉強をして置く事が大切です。

また、地理試験の目的は試験に合格する為ではなくタクシー運転手になる為に勉強をする事です。人の多い地域でタクシー運転手を行うと、慣れない地域へ運転の要請をされることが多々あります。 しっかりと地域について知っておく事がタクシー運転手には要求されるでしょう。
試験のためだけの浅い勉強では実際に働き始めてから苦労することになります。
タクシー運転手として働いている姿をイメージしながらしっかりと勉強することが大切です。
三慶交通では、社内でテキストを用意するなど万全のサポート体制がありますのでご安心ください!

ページトップへ